FXでエントリーやエグジット、損切りで悩まない超かんたん3ステップトレードツール

このようなFXトレーダーにオススメです!

○ チャートを見た瞬間、買い優勢か売り優勢か知りたい
○ テクニカル根拠に基づいたトレンドフォローがしたい
○ リスク管理、毎回ブレずに根拠のある損切をしたい
○ トレードで一番難しい利食いを躊躇なくしたい
○「メンタル」に影響されない「ストレスフリーなトレード」がしたい
○ *「通貨の強弱」を分析して「通貨ペア」を選択したい(期間限定インジケーター使用)

もうFXでエントリーやエクジット、損切り、環境認識 等々に悩むことなくストレスフリーなトレードができる!”トレードツール”の決定版がついに登場。

もう教材を買って後悔したくないあなたに!

ロジック、インジケーターの使い方、マニュアル 全て公開!

トレードスタイルは至って簡単!

【ロングエントリー】ローソク足がオレンジラインより上かつ本ツールライム+上矢印でエントリー

【ショートエントリー】ローソク足がオレンジラインより下かつ本ツールレッド+下矢印でエントリー

【利食い】「BR Stopインジケーター」又は「Storong SRインジケーター」でエグジット

【損切】「StopLine&Breakotインジケーター」 損切決定

本トレードツールは7つのインジケーターで構成されてます!

【MagicCarpetインジケーター】本ツールとはトレンドの可視化!!初心者から上級者まで仕掛けるポイントが一瞬で分かる

●ローソク足がライムの上ならロング、レッドの下ならショート

●ローソク足がカーペットから離れるほど強いトレンド

●ローソク足が右によるほどトレンドが弱くトレント転換の恐れあり

●カーペットの色が濃くなるとトレンドが弱くトレント転換の恐れあり

●カーペットが横向きトレンドが弱くレンジ

■18本のサポートライン、レジスタンスラインが自動描画されます

難しい水平ラインが毎日、時間ごとに自動更新されます。

・Pivotライン・S1、S2、S3、R,1、R2、R3ライン
・前日高値ライン
・前日安値ライン
・当日高値ライン
・当日安値ライン
・H1高値ライン
・H1安値ライン
・H4高値ライン
・H4安値ライン
・D1高値ライン
・D1安値ライン
・ラウンドナンバー
基本、全てのラインは利食いの目安に使います。

エントリー方向のラインを第一、第二、第三~の利食い目標に使います。

各ラインではプライスアクションを注視しましょう。

■良い損切ポイントとは

・テクニカル根拠がある

・チャートの形状や手法、時間足に関係なくいつも同じポイントにする

この二つを考察すれば、たどり着くのは直近の高値安値になります。

では何を根拠にして高値安値を見つければ良いのでしょうか?

やはりダウ理論しかないのでしょうか、でもダウ理論ではトレーダーによって見方は変わるし毎回同じ目線で見れるとも限らない。

そこで目を付けたのがビル・ウィリアムズが開発したFractalsです。

Fractalsは高値安値を定義付けして毎回同じ基準で認識できます。

■超カンタン3ステップ!楽々トレード

「Volatilte_subインジケーター」
5日間平均のボラティリティと本日のボラティリティをみてトレンドの伸びしろがあるか確認する。
↓↓↓↓↓
「Storong_SRインジケーター」
ローソク足がオレンジラインの上ならロング目線、下ならショート目線で相場を見る
↓↓↓↓↓
「MagicCarpetインジケーター」
ライムならロング目線、レッドならショート目線で相場を見る
↓↓↓↓↓
「Keltner_Arrowインジケーター」と「三本の移動平均線を使ったサインツール」でエントリー
↓↓↓↓↓
「StopLine&Breakoutインジケーター」損切設定
↓↓↓↓↓
「BR_Stopインジケーター」又は「Storong_SRインジケーター」でエグジット。

>>次のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です